ホテル採用研究所ではホテル業界の求人情報を提供しています。

マグマのような情熱を新宿で解き放つ! 東急ホテルズ常務執行役員
新宿エリア統括 兼 新宿ホテル計画準備室長 宮島芳明氏

取材・リクラボ 久保 亮吾  撮影・大崎 聡

JRで新宿を通過する人、あるいは西武新宿駅を利用する人なら、このビルの存在に気づかない人はいないのではないだろうか。超高層複合施設「東急歌舞伎町タワー」である。
文字通り東急グループが新宿ですすめるビッグプロジェクトで、このタワーの中には 「BELLUSTAR TOKYO」と「HOTEL GROOVE SHINJUKU」という2つのホテルが入る。渋谷の印象が強い東急がなぜ新宿なのか? どんなスタッフが集まるホテルなのか? 詳しい話を東急ホテルズ常務執行役員 新宿エリア統括 兼 新宿ホテル計画準備室長の宮島芳明氏に聞いた。

応募を希望する方はコチラ
東急グループといえば渋谷という印象があります。しかし、今回のビッグプロジェクトは新宿です。あらためてなぜ東急グループが新宿なのか、そこからうかがってもよろしいでしょうか。
新宿への出店というのは社内でも推進すべき位置付けのものでした。あれだけの大きな街ですし、先駆者である京王プラザさん、ヒルトンさん、ハイアットさんなどがあり、また大型のビジネスホテルもあり、マーケットとしては大きいことは明白でした。ただ、ラグジュアリーホテルで出店するかどうかは当初は正解ではないだろうという考察もありました。やはり大手町や銀座エリアのほうがラグジュアリーには向いているんじゃないかと、そういう考えでした。 ただ、海外からのお客様の新宿に対する期待度というのはとても高いんです。実は渋谷に来る外国人のお客様というのは意外にもビジネス目的の方が多いんですが、新宿はレジャーのお客様が中心。そう考えると浅草や銀座などのマーケットと同様に、ラグジュアリーホテルの存在価値があるのだと考えています。

戦後、新宿を復興させるために最初は(地元の方が)歌舞伎座を誘致しようとしていたのです。(それが歌舞伎町という名の由来)、しかしその話が頓挫して、その後に東急の創業者である五島慶太がアドバイスをして国際博覧会を誘致しました。(1950年に東京産業文化博覧会を開催)
その際に東急自身も新宿に土地を持って博覧会に参加。その土地にダンスホール、アイススケート場、ボウリング場を運営してまいりました。ここは戦後の復興とともに娯楽を提供する場所だったのです。
その後、歌舞伎町はカオスと呼ばれるような、いい意味でも混沌とした街になっていくのですが、(2022年に)東急が100周年を迎えるということで、その記念事業として歌舞伎町発展のお役に立てればという思いでこの事業を推進しています。
BELLUSTAR_ロビー
ホテル名も新しいブランドが誕生しました。
ラグジュアリーホテルのほうは「BELLUSTAR TOKYO」。「beauty(美しさ)」の語源となったラテン語「BELLUS(美しい)」と「STAR(星)」を組み合わせて作った言葉です。われわれ自身もそうですし、訪れるお客様が輝ける場所という意味をこめました。
(ライフスタイルホテルのほうの)「HOTEL GROOVE SHINJUKU」は造語ではなく、英語のグルーヴ、ノリがいい感じであったり、歌舞伎町の“勢い”を表現しています。
今回の2つのホテルには、「東急」という名前が入っていませんね。
これまで東急ホテルズが果たしてきた役割というのは数々あって、過去には銀座東急ホテルで24時間営業のコーヒーハウスを開店したり、初めて外資系ホテル(ヒルトン)と組んでオリンピックにむけてホテルを開業するなどしてきています。
私が博多で勤務していた時の話です。開業当時の資料は写真しかなかったのですが、片岡千恵蔵さんはじめとして錚々たるスターがお集まりになっていました。ホテルの13階にあった「グリル玄海」というレストランなどは、当時のスタイルのままで現代に運営しても通じるくらい格好いいものでした。当時はそれくらい“東急”というと「何をやるんだ!?」と期待をされたような会社だったのです。
それから会社も成熟して丸みを持ちました。つまり東急といえば「安心して利用できる」という信頼感はあるのですが、逆にいえばワクワク感が少し無くなってしまった。今回は東急の枠組みにハマらない新しいものを作るんだという意気込みがあります。
ただ、安全安心は第一ですから、そこについては東急のDNAを引き継ぎながらも、もともとあった東急の、これまで内に秘めていたマグマのような情熱を今回新宿で解き放つ。それには「東急」という名前はないほうがいいということなのです。
GROOVE_RECEPTION
このホテルに必要な人材像とは。
われわれは社員のことをアソシエイツと呼んでいます。もちろん、既存のアソシエイツの中からも新宿でひと旗揚げたいという人も参加します。しかし、今回については既存のアソシエイツだけでなく、ホテル業界に限らず広くわれわれのこのホテルと一緒に「面白いことをしたい!」という方に集まっていただきたい。そして、そんな方々がお客様に面白いサービスやコンテンツを提供してほしいと思っています。
(向くべき方向は)あくまでもゲストですね! われわれのことを信じてホテルに来てくれるお客様に最高のパフォーマンスをする。それに対して苦労をおしまない、そんな人がほしいと思っています。
私はホテルで36年仕事をしていますけれど、あまり格好いいホテル屋ではないんですね(笑)。常に汗をかいています。よく走りますから靴もすぐにダメになる。でも何のために走るかと言ったらお客様のため。会議で偉い人が待っていたとしてもロビーでお客様とバッタリ会えば、どうしても話しかけてしまう。それで会議に遅刻しそうになって、また走るんですが(笑)。同じようにお客様のために汗をかける方々に集まってほしいと思っています。

今回の新宿では今までの東急とはちがうことをしたいと思っています。各人がバラバラであってはいけないので、目標は一致していながらも、いろいろな人の個性を活かして新しいホテルを作りたい。個性が少し強い方のほうがありがたいですね。協調性がある人ばかりではなく「面白いことをしたい!」という人がいいです。

この新宿のホテルはいろんなジェネレーションの方に集まっていただきたい。年齢もジェンダーもまったく関係ありません。新宿ですので、いろんな国の方や、いろんな考えの方が来られます。ですからわれわれ社員も凝り固まった考えではなく、自由な気持ちをもって、そしてこだわりを持って働いてほしい。
ゲストを一番に考えながらも、「ホテルで自分はこうありたい!」とか、「やってみたいことがある!」という方。新しい活躍の場を探しているという方はわれわれのホテルプロジェクトに参加していただきたいです。
BELLUSTAR_Guestroom
今回はあれだけ大きなビルでありながらオフィス階層がないですね。エンターテインメントというコンセプトで一気通貫されています。その戦略の意図は。
地下には大きなライブホールがあります。1500人くらい入りますので、かなり大きなライブホールです。そして1階には新宿の東側にはなかった空港からのリムジンバスも着く車寄せ。2、3、4階にはエンターテインメント系の面白い飲食施設が入ります。その上にはシアター。900人入る劇場が設置されます。これは客席と舞台が非常に近い、今までにないような劇場です。その上には映画館、8スクリーンですね。これは飛行機でいうとファーストクラスのような座席の映画館です。
18〜47階がホテルとなるわけですが、エンターテインメント施設とのコラボレーションはもちろん考えています。例えば劇場やライブホールで行われているものをリアルタイムで各客室に配信したりします。

45階のレストランは今まで新宿になかったグランメゾン的な存在で、イノベーティブで、どこにもないような料理をお出しします。東急というと王道でオーセンティックなものが得意だったんですが、今回はそれも変えていきます。
カクテル1つとっても魅せるカクテルですね。所作1つでもお客様から「エンターテインメントだ」と言われるようなものを突き詰めていきたいと思っています。
2つのホテルが新宿という街に対してどんな影響を与える存在になりたいとお考えですか。
新宿でわれわれはラグジュアリーに挑戦しますが、この1つの役割は今まで新宿に来なかった方、例えば銀座や大手町に泊まっていたお客様、もしくはパリやニューヨークに来ていたお客様、そういう方々をぜひ新宿に引っ張ってきたい。超富裕層と言われる方々に新宿のファンになってほしいのです。そのことによって街の格が上がるはずです。銀座・大手町に負けない街になれると思います。
かたや、HOTEL GROOVE SHINJUKUについては538室ですからかなり大型のホテルです。1000人以上の方がお泊まりになります。こちらは街との結節点を大事にしていきたい。今まで新宿のファンであった方が「こんなものが欲しかった!」というようなものを作りたい。六本木や麻布に遊びに行っているような方が新宿に戻ってくるような仕掛けをつくりたいのです。
新宿で遊ぶ、エンターテインメントを楽しむということにおいてわれわれは役割を果たしていきたいと思っています。
【profile】宮島芳明(みやじま・よしあき)
1986年3月慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1986年4月東京急行電鉄株式会社入社。1987年5月同社イン事業部販売部販売推進課。1992年7月株式会社富山エクセルホテル東急支配人、副総支配人を歴任。1996年7月東京急行電鉄株式会社ホテル事業部株式会社東急ホテルマネジメントにて、各職を歴任。2005年4月博多東急イン総支配人。2007年4月株式会社博多エクセルホテル東急執行役員総支配人。2009年10月株式会社京都東急ホテル執行役員総支配人。2011年7月株式会社東急ホテルズ取締役・執行役員マーケティング&セールス部部長。2015年10月取締役・執行役員販売部部長。2016年5月取締役・執行役員セルリアンタワー東急ホテル総支配人。2022年5月より常務執行役員新宿エリア統括兼新宿ホテル計画準備室長。
宮島芳明
東急歌舞伎町タワー
ホテル名称:BELLUSTAR TOKYO(ベルスター 東京)
      HOTEL GROOVE SHINJUKU(ホテル グルーヴ 新宿)
事業主体:東急株式会社、株式会社東急レクリエーション
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3(地名地番)
階数:地上48階、地下5階、塔屋1階
高さ:約225m
ホテル階層:18〜47階

BELLUSTAR TOKYO への応募はこちら

応募を希望する方はコチラ

HOTEL GROOVE SHINJUKU への応募はこちら

応募を希望する方はコチラ

アーカイブ

初めての方へ

最近閲覧された求人